読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バイナリーオプションの仕組みとリスク

FX - 外国為替証拠金取引 - で現在流行しているオプション取引のひとつ「バイナリーオプション」の仕組みやリスクを紹介いたします。

バイナリーオプションの仕組み

f:id:binary_opt:20140904133426p:plain

バイナリーオプションとはFXや株などの相場をある一定の期間でみたときの終値始値より高いか低いかを見る取引のことを言います。

この高いか低いかだけを見るバイナリーオプションのことをハイロー(High/Low)と呼びます。このハイローの他にもバイナリーオプションにはタッチ、レンジ、ラダー、短期取引などがあります。

タッチでは規定の金額に開催期間中一度でも到達したらOK。

レンジは一定の幅に終了時収まっているかいないか。

ラダーと短期取引はそれぞれハイローを踏襲していますが、ラダーにおいてはハイローの始値をいくつかのポイントで拡張し、それぞれのポイントについてハイローをすることが可能となっています。
高いポイントのハイや低いポイントのローは完全な確率論で言っても低確率となるため、その分ペイアウト率が優遇される、など単なるハイローに競技性を加えた内容となっています。

そして、現在国際的に主流になりつつあるのが短期取引です。

短期取引では大本で開催される期間というものがなく、ユーザーが申し込んだ時点が始値となり、規定秒数経過したところが終値となるハイローのようなものです。

規定秒数は短いもので60秒~と非常に回転の速い投資が可能であり、待ち時間も少なく済むため人気が急上昇しています。

バイナリーオプションでは通常のFXなどと違い、相場の動く絶対量にはあまり意味がないため、取引からひとつの要素を抜いた簡単な投資であると認識してもよいでしょう。

そのため、投資初心者にもオススメが出来るのがバイナリーオプションの良い点です。

良い所づくしのように聞こえるバイナリーオプションですが実際のところはどうなのでしょうか?

次はバイナリーオプションのリスクという点でも見て行きたいと思います。

【PR】 いきなり月収400万超くらいになったんだが使い道なくてワロタwwwwwwwww